注文住宅と建売の価格差はどっちが安い?差額で後悔しないためには?

注文住宅と建売住宅の違いは?

注文住宅 建売 どっち

戸建てのマイホームを購入しようと思ったら、
注文住宅にしようか、建売住宅にしようかと迷いますよね?

 

以下が注文住宅と建売住宅の主な違いです。

 

・設計の自由度
・費用
・入居までの期間

 

注文住宅と建売住宅では、
住みたい家を自由に設計できるかどうかや、
建設費用、入居までにかかる期間が違います。

 

 

注文住宅の特徴

注文住宅は自由に設計できますが、
その分価格も高くなりますし、入居までの期間も長くなります。

 

注文住宅は設計事務所や工務店などに設計や工事を依頼して、
家づくりを行います。

 

そのため、あなたのご家庭にあった間取りやデザイン、壁紙、フローリングなどを
自由に選ぶことができます。

 

キッチンやトイレ、浴槽などの設備を自由に決められることは大きなメリットです。

 

ですが、その反面、規格化された住宅をつくるよりも長い期間かかりますし、
コストも高くなってしまいます。

 

土地を持っていない場合は、土地探しから始めなければばならず、
思っているよりも時間がかかることが多いのがデメリットです。

 

建売住宅の特徴

それに対して建売住宅は、
自由に設計できませんが、注文住宅に比べて価格も安く、
入居までの期間が短くなります。

 

建売住宅は土地とセットで販売されているので、
設計はすでにされています。

 

費用が安くなる理由は、同じ仕様の住宅を数棟から数百棟規模で住宅メーカーは作るので、
資材を安くまとめて購入できたり、工事を効率的にできるため、
建築期間が短くなったりするためです。

 

入居までにかかる期間は購入のタイミングによりますが、
住宅の販売が住宅の完成後なのか、建築中なのかによっても変わります。

 

完成している物件の場合は1ヶ月程度と短期間で入居できます。

 

建築が開始段階の物件の場合には4ヶ月程度とかかります。

 

↓  ↓  ↓

 

 

金額的には建売のほうが安いが・・・

注文住宅 建売 どっち

注文住宅と比較すると、建売住宅の方が価格が安いです。

 

安いですが、人によっては不要なオプションが付いていることもありますので、
そのあたりは考慮してください。

 

建売は間取りが固定されているので、仕方がない部分でもありますが、
注意が必要になります。

 

そうは言っても、一生に渡って住む家をこだわりたいという方も多いと思います。

 

家をこだわりたいなら、注文住宅の方がおすすめになります。

 

また、住宅を買う際は住宅会社の評判を調べることをおすすめします。

 

一昔前はトンデモ無い施工をする会社もありました。

 

施工レベルの低い会社の建売を買ってしまったら、苦労しますので。

 

このあたりは注意をしてください。

 

↓  ↓  ↓

 

 

二世帯住宅の場合はどっちがいい?

 

二世帯で住む予定の方は、大切なことは間取りになります。

 

家の設計を完全分離型にするか、共有するかが重要です。
(それ以外にも完全同居型があります)

 

完全分離型だと、それぞれのプライベートを確保することができます。

 

プライバシーが守られやすいですし、
将来的に賃貸として貸し出すこともできます。

 

ただし、その分、費用が高くなります。

 

坪数も他の間取りに比べて多く必要になります。

 

 

共有型だと、キッチンやトイレ、お風呂といった家の中の設備を一部共用します。

 

どの設備を共有するかを選べるので、自由度は比較的高いです。

 

玄関だけ共有なんてこともできます。

 

ちなみに玄関だけ共有の方の満足度は高くなっています。

 

このあたりは、どの程度、関係性が近いかによって変わってきますので、
ご家族でよく相談されることをおすすめします。

 

1度、家を購入したらしばらく住むことになりますので、
長期的に考えて判断することが大事です。

 

完全同居型でも、特にストレスなく過ごせるなら、
それでもいいと思います。

 

あなたのご家族がストレスなく暮らせる間取りを選んでください。

 

とはいえ、理想の追求ばかりでは価格が高くなりすぎるので、
理想をわかった上で、現実を見ていくのが大事になります。

 

理想と現実のバランスを考えながら、
住宅を検討することをおすすめします。

 

↓  ↓  ↓